ビューティ情報『ギョ!なぜか顔に見える?シミュラクラ現象など不思議な錯覚6つ』

2017年8月6日 20:00

ギョ!なぜか顔に見える?シミュラクラ現象など不思議な錯覚6つ

目次

・1. シミュラクラ現象
・2. パレイドリア効果
・3. フレゴリの錯覚
・4. カプグラ症候群、ソジーの錯覚
・5. シャルパンティエ効果
・6. クロノスタシス
・医療で錯覚をいかした事例
・最後に医師から一言
ギョ!なぜか顔に見える?シミュラクラ現象など不思議な錯覚6つ

空き缶のプルタブを取った缶の口を見て「あれ?顔に見える?」と思った経験はありませんか?

私たちの日常生活には、様々な錯覚が潜んでいますが、メカニズムなど知らないことも多いと思います。

錯覚は、医療にも役立てられている事例もあるので、健康にも関わる興味深い分野でもあります。

今回は不思議な6つの錯覚現象例を元に、医師に詳しくお話を伺いました。

1. シミュラクラ現象

車のヘッドライト

概要
3つの点などの構造が逆三角形状に並んでいると、顔のように見えるという現象です。

事象例
・車を正面から見た時、ヘッドライトが目、中央のマークなどが鼻や口に見える。
・写真に写った影が顔のように見える、いわゆる心霊写真。
・(^_^)が笑顔のように見える。

錯覚のメカニズム
目でとらえた画像を脳で処理する際、三つの物が並んだ構造に強く反応する脳細胞があると考えられます。

こういった機能は、風景の中から敵の姿を素早く見つけるのに役立つので、生存に有利であったと考えられます。

2. パレイドリア効果

満月

概要
見たり聞いたりした情報の中から、なじみ深い事物を連想することです。シミュラクラ現象もパレイドリアの一つ。

事象例
・月の模様を見て「兎がいる」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.