ビューティ情報『赤ちゃんの発熱は何度から注意が必要?対処法と病院に行く判断基準』

2017年9月9日 20:00

赤ちゃんの発熱は何度から注意が必要?対処法と病院に行く判断基準

目次

・赤ちゃんが初めて発熱する時期 
・赤ちゃんの発熱は何度から?
・赤ちゃんの発熱の原因
・赤ちゃんの発熱時にお風呂は大丈夫?
・赤ちゃんの熱の測り方
・赤ちゃんの発熱時の適切な対処法
・赤ちゃんの発熱で病院に行く判断基準 
・病院に行く際用意するもの
・最後に医師から一言
赤ちゃんの発熱は何度から注意が必要?対処法と病院に行く判断基準

赤ちゃんが発熱してしまうと両親は不安になってしまうものです。

自分自身でどれぐらい辛いのかが伝えられないので、両親が容態を観察して病院に行くべきか見極めなければなりません。

今回は、赤ちゃんが発熱した際の対処法、何度から危険なのかなど医師に解説していただきました。

赤ちゃんが初めて発熱する時期 

赤ちゃんの発熱


産道でウイルスや細菌に感染した場合は生まれた当日に発熱する場合もあります。

一般的には生後6カ月ごろから、胎盤・母乳を経て母親から受け継いだ免疫機能が低下し、感染症から発熱を起こしやすくなります。

また、生後1カ月~3カ月に特に多い、発熱を伴う病気というものもあります。

赤ちゃんの発熱は何度から?

体温計


37.5度以上
一般的には37.5度以上を発熱として扱います。

注意が必要な場合
熱が高ければ重症・低ければ軽症というわけではなく、37.5度を超えていなくても下記の場合は注意が必要です。

・元気がない

・食事ができない

・眠れない

・いつもと違う印象がある

・2週間以上続く場合

赤ちゃんの発熱の原因

赤ちゃん発熱の原因


0カ月~3カ月
原因に関わらず入院して全身状態を観察することが多く、微熱でも受診が必要です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.