ビューティ情報『高山善廣さん“頸髄完全損傷”と発表 脊髄損傷レベルによる違いとは』

2017年9月5日 17:00

高山善廣さん“頸髄完全損傷”と発表 脊髄損傷レベルによる違いとは

目次

・脊髄とは
・脊椎・脊髄の名称
・脊髄損傷の原因
・脊髄損傷部位による機能障害
・脊髄損傷レベルの種類
・脊髄損傷と脊椎損傷の関係
・脊髄損傷の診断方法
・脊髄損傷の治療・手術方法
・最後に医師から一言
高山善廣さん“頸髄完全損傷”と発表 脊髄損傷レベルによる違いとは

2017年5月に大阪で行われた試合中、首を負傷し長期欠場中していたプロレスラーの高山善廣さんが、9月4日に頸髄完全損傷であることが発表され、回復の見込みが困難であることが分かりました。(参照)

一時は人工呼吸器をつけて呼吸をする状況だったことも明かされ、現在はリハビリを行っているとのことです。

今回は、脊髄損傷の原因や損傷レベルの種類、診断・治療法などについて詳しく医師にお話を伺いました。

脊髄とは

脊髄の構造


脳の下には脊髄(せきずい)という直径1㎝ほどの神経の固まりがあり、背骨の穴の中を通り、お尻のあたりまで細長く伸びています。

脊髄は脳からの信号を全身の筋肉や臓器に送り、また全身の感覚神経を集めて脳に情報を送る役割もしています。

脊椎・脊髄の名称

頚椎の名称


頸椎(頚=首のこと)・胸椎・腰椎とは、背骨(脊椎)を部位ごとに詳しく言った名前です。

脊髄は首・胸・腹・腰を通っている位置によって、頚髄・胸髄・腰髄・仙髄・尾髄と名前が変わります。

例えば、頚髄は頸椎の穴の中を通っており、頚髄に信号を入出力する細い神経が枝分かれして、頸椎のすき間を通って出入りしています。

頸髄(C1〜C8)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.