ビューティ情報『高山善廣さん“頸髄完全損傷”と発表 脊髄損傷レベルによる違いとは』

2017年9月5日 17:00

高山善廣さん“頸髄完全損傷”と発表 脊髄損傷レベルによる違いとは

中心性脊髄損傷 
脊髄の中心に近い部分がより強く障害を受けた場合です。足より手の運動麻痺が強いというような症状もあります。

脊髄損傷と脊椎損傷の関係

首をコルセットで固定


怪我などで脊髄が傷ついているとき、その近くにある脊椎も傷ついたり骨折している場合が多く見られます。

また、折れた脊椎の骨が脊髄を圧迫している場合もあります。

交通事故などの現場では、もし頸椎が折れていた場合、不用意に首を動かすことで脊髄を傷つけてしまう可能性があるので、首を固定するコルセットをはめ、硬い担架に乗せて患者を運びます。

脊髄損傷の診断方法

MRI検査


完全型か不全型か、脊髄がどの高さで損傷しているかは、以下のテストで診断を行います。

MRI
画像診断を行います。

運動・感覚テスト
運動ができるかどうか、感覚があるかどうかを確かめます。

深部腱反射テスト
膝の皿の下をハンマーでたたくと無意識に足が跳ね上がるというようなテストで、こういった現象が起こるには脊髄が正常である必要があります。

脊髄損傷の治療・手術方法

ステロイド注射


ショック状態
輸液や脈を保つための薬を使用します。

脊髄のむくみ
むくみを取るためにステロイド薬を投与します。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.