ビューティ情報『親の言動により子どもの脳が萎縮!? 児童虐待とネグレクトが与える影響』

2017年9月15日 20:00

親の言動により子どもの脳が萎縮!? 児童虐待とネグレクトが与える影響

目次

・マルトリートメントとは?
・ネグレクトの判断基準の難しさ
・マルトリートメントを受けた子どもの疾患リスク
・マルトリートメントの子どもの言動・性格
・マルトリートメントによる子どもの脳の変化
・近年、問題になっているスマホ育児
・最後に医師から一言
・参考文献
親の言動により子どもの脳が萎縮!? 児童虐待とネグレクトが与える影響

昨今、児童虐待やネグレクトのニュースが度々取り上げられていますが、親の言動によって子どもの心や体だけではなく、脳にまで影響を与えてしまうことがあるようです。

不適切な子育てをあらわす「マルトリートメント」という言葉があり、今回はこのマルトリートメントによる子どもへの影響を医師に解説していただきました。

マルトリートメントとは?

マルトリートメント(maltreatment)は、「不適切な養育」という意味です。

“mal”とは、マルウェア(悪意を持って作られたソフトウェア)・マレフィセント(悪事を行う)などで用いられる接頭語であり、「悪い」「適切でない」という意味です。

マルトリートメントは、児童虐待やネグレクトを合わせた意味で用いられています。

児童虐待
身体的虐待


・身体的虐待:殴る蹴るなどの暴行

・性的虐待:性行為の強要

・心理的虐待:暴言を浴びせたり目の前で夫婦喧嘩

ネグレクト
子どもの孤食


ネグレクトは育児放棄、適切な世話をしないことを指します。

・おむつを替えない

・食事を少ししか与えない

・学校に行かせない

・病院に受診させない

など

海外での考え方
身体的虐待・性的虐待・心理的虐待では何かを積極的に行うのに対し、ネグレクトは何かをしないという虐待のため、これらをまとめて扱うのは抵抗があるという意見もあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.