ビューティ情報『【利用者が急増中】放課後等デイサービスのプログラム内容とは?』

2017年10月3日 20:00

【利用者が急増中】放課後等デイサービスのプログラム内容とは?

目次

・放課後等デイサービスとデイサービスとの違い
・放課後等デイサービスを受ける対象
・放課後等デイサービスのプログラム・サービス内容
・放課後等デイサービスを利用する際の手続き 
・どんなスタッフがいるの?
・放課後等デイサービスの注意点 
・最後に医師から一言
・参考文献
【利用者が急増中】放課後等デイサービスのプログラム内容とは?

近年、様々なご家庭のご事情により「放課後等デイサービス」を利用している世帯が増えているそうです。

対象となる児童は、どのようなもプログラムやサービスが受けられるのでしょうか。

「放課後等デイサービス」を利用する際の手続きや注意点を含め、気になるポイントを、順序立てて解説していきます。

放課後等デイサービスとデイサービスとの違い

放課後等デイサービス
子どもたち


6歳〜18歳の子ども向けのサービスで、学童保育に似ています。2012年の児童福祉法改正により設置され、民間業者も参入し近年増加しています。

デイサービス
デイサービスでの食事介助


介護を必要とするお年寄りが日帰りで施設に通い、食事・入浴・機能訓練をしたり、お年寄り同士の交流やレクリエーションを行い、介護している家族の負担を軽減する制度です。

街中でデイサービスセンターを見かけたり、出入りするお年寄りを見かけることもあるかもしれません。

放課後等デイサービスを受ける対象

車椅子の少年


対象となるのは、以下の児童が対象になっています。

・身体障碍

・知的障害

・精神障害

・自閉症スペクトラム

・学習障害

その他にも、療育手帳や障碍者手帳がなくても、専門家の意見書があり必要が認められれば通所することができ、料金の負担が減ります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.