ビューティ情報『妊娠初期に摂取したい栄養素とは?ママと赤ちゃんの為の食事メニュー』

2017年10月15日 20:00

妊娠初期に摂取したい栄養素とは?ママと赤ちゃんの為の食事メニュー

目次

・妊娠初期に食事を気をつける理由、母体の状態
・妊娠初期に摂取したい栄養素・食材 
・妊娠初期に控えたい栄養素・食材 
・妊娠初期の理想的な一日の献立 
・妊娠初期におすすめの栄養満点レシピ 
・最後に横川先生から一言
・参考文献
妊娠初期に摂取したい栄養素とは?ママと赤ちゃんの為の食事メニュー

妊娠初期はつわりの症状が強い人も多いと思いますが、そうなると大変なのが食事メニューではないでしょうか?

お腹の赤ちゃんのことも考え、必要な栄養素も意識しながら食材を選び料理をしなければなりません。

プレママのために、妊娠初期に摂取したい栄養素からおすすめの食事メニューなどを、栄養士の横川先生に教えていただきました。

妊娠初期に食事を気をつける理由、母体の状態

妊娠初期の女性


妊娠をすると女性の体はどんどん出産に向けて準備しだします。その影響で8割近くの妊婦さんがはじめに経験する症状として、吐き気や嘔吐などが出てくる「つわり」があり、食事が食べられないと「お腹の赤ちゃんに影響が…」と気になるママも多いのではないでしょうか。 

確かに赤ちゃんやママのカラダの為にしっかり食べることが理想ですが、この時期はお腹の赤ちゃんも小さいため無理に食べなくても良いとされています。

そのため無理せずにお食事を小分けして回数を多くする、果物など手軽につまめるものを準備しておくと良いでしょう。それによって、食べない事でつわりが出てくる「食べづわり」の予防にもなります。

妊娠初期に摂取したい栄養素・食材 

葉酸
ほうれん草


DNAを作るビタミンと言われ、細胞をつくる際に必要なDNAなどの核酸を作る重要な役割があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.