ビューティ情報『妊娠初期に摂取したい栄養素とは?ママと赤ちゃんの為の食事メニュー』

2017年10月15日 20:00

妊娠初期に摂取したい栄養素とは?ママと赤ちゃんの為の食事メニュー

しかし、緑黄色野菜などに多く含まれるβカロテンでは過剰症はありません。

含まれる食材は、レバー、うなぎ、にんじん、青菜などがあります。

アルコール
アルコール類


胎児の脳に影響を及ぼす可能性が高いため、妊娠中は禁酒しましょう。 

水銀
マグロのお刺身


魚に多く含まれ、大量に摂取すると胎児の発育に影響が出る可能性があると指摘されています。

主に大きなお魚などは水銀を含んでいる傾向があるため1週間に本マグロでは約80g程度、マカジキでは約160gが目安です。 

妊娠初期の理想的な一日の献立 

献立考える女性


朝 
金芽米ごはん、具沢山の味噌汁、キウイ、焼き鮭

昼 
納豆チーズトースト、ブロッコリー入りサラダ、トマトのミネストローネ

晩 
雑穀ご飯、ネギとなめこの味噌汁、キュウリとわかめの酢の物、ほうれん草入り肉巻き

妊娠初期におすすめの栄養満点レシピ 

ほうれん草の肉巻き


葉酸摂取サポート!ほうれん草入り肉巻き
■ 材料(2人分/肉巻き8個分)

・豚肉ロース:8枚

・ほうれん草:1束
・スティックチーズ:4本ほど

・にんにく:1片

・塩、こしょう:各少々

・オリーブオイル:大さじ1/2

【付け合わせ】

サニーレタス、ミニトマトなど

■ 作り方

1. にんにくはみじん切りに、ほうれん草はさっと下茹でし、水にさらしてから固く絞り、2~3cmくらいの幅に切る。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.