ビューティ情報『娘の「パパ嫌い」が止まらない!原因と父親が実践できる対処法とは?』

2017年10月31日 20:00

娘の「パパ嫌い」が止まらない!原因と父親が実践できる対処法とは?

理由を本人に聞いても答えられないので何が要因なのかは分かりませんが、母親との愛着関係を形成している途中なので、父親より母親が良いということなのかもしれません。

思春期
パパの靴下を嫌う娘


■ 思春期にパパ嫌いになる背景・環境

娘が父親を嫌う現象は、娘が両親のことを仲が良いと認めていない場合・父親とあいさつや会話をしない場合に起こりやすいとされています。母親が父親をどう思っているかが、娘の父親に対する嫌悪感にも影響を与えているのではないかとも推測されています。

思春期(8〜9歳頃から高校生ぐらいまで)以降に父親を嫌がり、話をしなくなったり、洗濯物を別に洗って欲しがったりすることがあります。

■ 遺伝子情報による嫌悪感

性的成熟を迎えた女性は、自分と遺伝的情報が近い男性の発するにおいを不快に思う傾向があると言われています。近親相姦が起こると、生まれる子どもは遺伝子異常による病気を持つ確率が高くなるため、遺伝情報の近い男女が嫌悪感を抱きやすいことは生物学的に有利な現象と思われます。父親と娘の遺伝子は半分同じですので、不快感を感じやすい相手ということになります。

■ 反抗期特有のもの

思春期は、周囲の友人などとの会話の中で、親と仲が良すぎるのはカッコ悪い・親に反抗するのが自立しているようでカッコイイという風潮があり、親に感謝や親愛の気持ちはあっても、素直に態度に出せないということもあるかもしれません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.