ビューティ情報『夜中に急に叫び出す?子どもの夢遊病・夜驚症の原因と対処法』

2017年11月24日 20:00

夜中に急に叫び出す?子どもの夢遊病・夜驚症の原因と対処法

目次

・子どもの睡眠時遊行症(夢遊病)について 
・子どもの睡眠時驚愕症(夜驚症)について 
・大人と子どもの夢遊病・夜驚症の違い 
・最後に医師から一言
・参考文献
夜中に急に叫び出す?子どもの夢遊病・夜驚症の原因と対処法

お子さんが夜中に急に起きて歩き回ったり叫んだりしたら、夢遊病や夜驚症の疑いがあるかもしれません。

睡眠中の深い睡眠と浅い睡眠の間に異常行動が現れるらしいのですが、どのような原因が考えられるのでしょうか?

今回は、子どもの夢遊病と夜驚症の原因・症状・対処法を、医師に詳しく解説していただきました。

子どもの睡眠時遊行症(夢遊病)について 

夢遊病の子供


原因 
人間は深い睡眠と浅い睡眠を繰り返していると言われていますが、以下のような深い睡眠から浅い睡眠に移動するときや、深い睡眠の最中に異常な行動が起こりやすくなると言われています。

■ 深い睡眠を妨げるような刺激

・カフェイン

・音や光

など

■ 睡眠が過剰に深くなるような状況

・睡眠不足の後に眠った時

・運動のしすぎなどで疲れ切って眠った時

など

症状 
眠っていた人が、いきなり起き上がったり、歩き回ったりするが、うつろな表情で意思疎通が難しく、目が覚めてからは異常行動の記憶がないというような症状です。異常な行動は数分から30分ほど続くと言われています。

「アルプスの少女ハイジ」で、都会の生活に馴染めないハイジが夜中に屋敷を動き回り、幽霊と間違われるというシーンが描かれています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.