ビューティ情報『男性は女性より3倍リスクが?腎細胞がんのサインと早期発見の重要性』

男性は女性より3倍リスクが?腎細胞がんのサインと早期発見の重要性

2017年12月7日 20:00
 

目次

・腎臓にできるがんの種類
・腎細胞がんの原因
・腎細胞がんの発生率
・腎細胞がんの症状
・腎細胞がんになりやすい年代・性別
・腎細胞がんを早期発見するためには?
・腎細胞がんの生存率 
・腎細胞がんの治療法 
・腎細胞がんの予防法 
・最後に医師から一言
・参考文献
男性は女性より3倍リスクが?腎細胞がんのサインと早期発見の重要性

お笑いコンビ「藤崎マーケット」の田崎佑一(36)さんが、腎臓に腫瘍が見つかり、11月22日に手術を受けていたことが分かりました。早期発見だった為、腹腔鏡手術で左腎臓の部分切除後は順調に回復をしており、今週には退院予定とのことです。(参考)

働き盛りの30代男性を襲った腎細胞がん、一体どのような要因があるのでしょうか?

今回は、腎細胞がんについて原因・症状、早期発見する為の検査方法や予防法を医師が丁寧に解説します。

腎臓にできるがんの種類

腎臓


腎細胞がん
尿を作る腎臓本体にできるがん

腎盂がん
できた尿を運ぶ経路である腎盂に生じるがん

腎芽腫
Wilms腫瘍、ウイルムス腫瘍。子どもの病気であり胎児期の未熟な腎臓組織から発生するがん

がん以外の腫瘍
・腎血管筋脂肪腫(腎過誤腫、angiomyolipoma、AML)

・腎嚢胞などの良性腫瘍

腎細胞がんの原因

細胞


どのがんでも、原因は細胞分裂の際に起こる遺伝子の異常です。細胞は、必要な時に必要なだけ増殖し、必要なければ死んでいくという秩序を持っています。

細胞増殖の際には遺伝子をコピーして細胞を複製しますが、その際にエラーが生じ、エラーを監視するシステムをすり抜けると、無秩序に増えて死ににくい細胞が生まれることがあります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.