ビューティ情報『肌が白いだけじゃない? アルビノの人が持つ知られざるハンデとは』

肌が白いだけじゃない? アルビノの人が持つ知られざるハンデとは

2018年2月19日 20:00
 

目次

・アルビノがある人のハンデ|日光による激しい日焼けと皮膚がんのリスク
・アルビノがある人のハンデ|視力の低下や眼の症状
・アルビノの人の子どもが必ずアルビノになるわけではない
・最後に医師から一言
肌が白いだけじゃない? アルビノの人が持つ知られざるハンデとは

体の色素が十分に作られず、透きとおるような白い肌を持つ「アルビノ」。

あまりよく知られていませんが、海外においてはアルビノが神聖化され畏怖の対象になり、たとえば白い蛇がご神体として扱われることもあるといいます。

また、アフリカではアルビノの体の一部が呪術に使用されたり、縁起物として扱われることがあるため、襲われたり、墓が荒らされるといった恐ろしい事件が起きているようです。

このように特殊な存在として語られるアルビノですが、偏見や差別につながることがないように、医師の解説をもとに理解を深めていきましょう。


皮膚の色素が少なくなるメカニズム

メラノサイトとメラニン


皮膚には表皮と真皮の間にメラノサイトという細胞があります。メラノサイトは紫外線や様々なホルモンに反応してメラニンという黒い色素を作ります。

作られたメラニンは周囲の細胞に取り込まれ、紫外線から細胞を守る帽子のように使われています。

白色人種でも黒色人種でもメラノサイトの細胞数は変わりませんが、メラニンの粒の大きさが違うため、肌の色が違って見えるといわれています。

皮膚の色が薄くなる「色素脱失症」
皮膚の色が異常な状態のうち、色が薄くなる場合を色素脱失症といい、そのメカニズムは大きく分けて3つ考えられます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.