ビューティ情報『花粉症の人はご用心! インフルエンザや他の病気が併発しやすいってホント?』

花粉症の人はご用心! インフルエンザや他の病気が併発しやすいってホント?

2018年3月14日 20:00
 

目次

・花粉症の人はインフルエンザにかかりやすい? 
・花粉症でインフルエンザが重症化しやすい? 
・他にも花粉症の人が気をつけるべき病気は?
・花粉症による病気に気づきにくい場合もある?
・最後に医師から一言
花粉症の人はご用心! インフルエンザや他の病気が併発しやすいってホント?

花粉症であることによってかかりやすくなる病気があることをご存じですか?

花粉症による合併症だけでなく、花粉症の鼻水や鼻づまりといった症状によって他の病気になりやすくなる可能性もあるそうです。

そうなると、まだまだ流行が続くインフルエンザも警戒が必要そうです。

今回はこの花粉症とインフルエンザや他の病気の併発について、医師に解説してもらいました。

花粉症の人はインフルエンザにかかりやすい? 

花粉症によってインフルエンザになりやすくなっている女性


花粉症とインフルエンザを合併するということは、花粉症患者人数の多いスギ花粉の飛散時期が2月中旬から4月末であり、例年のインフルエンザ流行ピーク時期とはずれているため、頻繁にあるわけではないようです。

ただ、花粉症を発症していることによって、鼻や目をこすることで粘膜が荒れやすくなったり、鼻や目の粘膜に触れる機会が増えることで、様々なウイルスや細菌に感染する機会が増えたりといった可能性が考えられます。

さらに、花粉症で鼻づまりがあると口を開けて寝てしまいがちのため、のどが乾燥することでウイルス感染を起こしやすくなる、ということもありえます。

また、花粉症でつらく体力が減ってしまうと、普段であれば簡単に排除できるようなウイルスや細菌にも感染してしまう可能性があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.