ビューティ情報『指先まで気を抜かない!ネイルのオシャレで要注意な爪甲剝離症とは』

2018年8月30日 20:00

指先まで気を抜かない!ネイルのオシャレで要注意な爪甲剝離症とは

目次

・爪甲剝離症(そうこうはくりしょう)とは?
・爪甲剝離症はなぜ起こる? 
・爪甲剝離症はどう治す?
・最後に竹中先生から一言 
指先まで気を抜かない!ネイルのオシャレで要注意な爪甲剝離症とは

指先は案外目につきやすいもの。マニキュアやネイルアート、ジェルネイルを楽しんでいる人も多いでしょう。

爪への装飾は気軽に楽しめますが、オフせず放置していると爪が浮いてきてしまい、やがてピンクの部分がなくなるといわれる爪甲剝離症の危険があるのもご存知でしょうか。

今回は医師に、爪甲剝離症や爪の健康について解説していただきました。

爪甲剝離症(そうこうはくりしょう)とは?

爪が気になる女性


爪はそもそも何のためにあるの?
爪は、髪の毛と同じケラチンというタンパク質でできています。爪も髪も表皮の角質層が特殊に分化してできたものです。

手の爪は、物をつかんだり細かい作業をしたりする際の微妙な力加減や手加減に関係しています。足の爪は、歩いたり走ったりするときに、足の蹴り出す力をすねにうまく伝えたり、体重を支えて立つ動作を助けたりしています。

爪甲剥離性の症状とは
爪甲剥離性とは、手足の爪の先の方が爪床部から浮き上がり、白く見えるような状態をいいます。爪は本来、先端部も爪の下の皮膚とよく付着しているはずですが、これが下の皮膚から遊離してしまう状態です。

まず爪の先が白く広がっていき、爪と皮膚の間に空間ができます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.