ビューティ情報『アフターピル(緊急避妊薬)について考えたい』

2019年7月14日 19:00

アフターピル(緊急避妊薬)について考えたい

避妊に失敗し、妊娠の可能性があるときに使用できる「緊急避妊薬」をご存知ですか。「モーニングアフターピル」「アフターピル」などとも呼ばれます。

日本では2011年に「レボノルゲストレル(商品名:ノルレボ錠0.75mg)」が、日本初の緊急避妊薬として承認・販売開始されるようになりました。

目次

・アフターピル(緊急避妊薬)とは
・アフターピル(緊急避妊薬)とピルとの違い
・緊急避妊薬の副作用
・原則、対面診療ですが、ネット診察と処方を開始するクリニックも
・緊急避妊薬が存在する意義
・妊娠を望まない女性に向けた選択肢のひとつ


「中絶」という心も体もダメージを負う出来事を回避できるこの薬について、オリーブレディースクリニック麻布十番の山中智哉先生にお話を伺いました。

■アフターピル(緊急避妊薬)とは

「緊急避妊薬は、妊娠の可能性のある性行為から72時間以内に服用することで、避妊の効果を発揮するものです。毎日飲む『低用量ピル』と異なり、一度飲むだけで避妊の効果を得ることができます」(山中医師、以下同)

仕組みとしては、体内のホルモンのバランスを変えることで、排卵を抑制したり着床を阻害したりすることができ、結果として妊娠しないと考えられているそうです。

「ノルレボが認可される2011年以前は、『ヤツペ法』と呼ばれる緊急避妊薬の服用が主流でしたが、これに比べノルレボは副作用が少なく、服用も1度で済むという利点があります」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.