2016年10月25日 21:00|ウーマンエキサイト

離乳直後がダイエットのチャンス!? ママライターが実践した3つのこと

マムズラボ
ライター (ママライターチーム)
マムズラボ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
授乳期間中は、わが子のためにと、ついつい自分の体を甘やかしてしまいがち。なかには、食べても食べてもおなかが空くという人もいるようです。食欲がひと段落することの多い卒乳後を機に、妊娠前の体型に戻したいものです。

目次

・1ヶ月間に実践した3つのこと
・朝ごはんは必ず食べる!
・たんぱく質を多めにとり、夜は炭水化物ゼロに!
・運動はゼロで大丈夫?
子どもを追いかける母親

© Halfpoint - Fotolia.com



とくに、働くママは、職場に復帰後、同僚たちに「なんだか変わったね…」なんてがっかりされたくはないですよね。

そこで、娘が1歳で卒乳したタイミングでダイエットを開始、子どものお世話をしながら1ヶ月でマイナス8kgを実現した私のテクニックをご紹介します。

■1ヶ月間に実践した3つのこと

卒乳したからといって、まだまだ四六時中、子どもと一緒にいることに変わりはありあません。ジムに通うことはおろか、近所をランニングすることすら難しいものです。

そこで、私が目を付けたのが、「結果にコミットする」ことで有名な某トレーニングジムが提唱する糖質制限ダイエットのメソッドです。

1.1日の食事量のバランス比率を「朝ごはん5:昼ごはん3:夜ごはん2」にする
2.夜だけは炭水化物をとらない
3.お酒は糖質の少ないものを選ぶ(ワインや焼酎など)

1ヶ月間、私が実践したのはこの3つだけ。私は、朝と昼はどれだけ好きなものを食べても、お酒を制限しなくてもOKと決めていました。そのため、ダイエットのつらさを感じることもなく、目標を達成できました。

■朝ごはんは必ず食べる!

ダイエットを開始するまでは、朝食をとるという習慣がありませんでした。
でも、朝ごはんを食べなければ、その日にどんなに運動をしたところで、ダイエットに不可欠な “代謝”がつくりだせず、疲れるだけで痩せないそうです。

朝の食事には、体内時計を正常化させるはたらきがあります。体を目覚めさせ、体温を上げることで、脳はもちろん、消化機能である内臓の働きを活発にする効果があるのだとか。

また、朝食べたものはその日のうちに基礎代謝で消費されるため、しっかり食べても太りにくい、というメリットもあるようです。

しかも、“朝ごはん”をしっかり食べておくと、満足感が高まり、昼と夜に食べる量を減らすことにもつながります。まさに、“一石三鳥”といえます。
マムズラボ
マムズラボの更新通知を受けよう!
確認中
マムズラボ
マムズラボの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
マムズラボ
マムズラボの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
マムズラボ
マムズラボをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
マムズラボ
マムズラボの更新通知が届きます!
フォロー中
マムズラボ
マムズラボの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.