ビューティ情報『「毎日お風呂に入るのが面倒」派女子はなんと4割! お風呂に入らずに疲れをとる方法って?』

「毎日お風呂に入るのが面倒」派女子はなんと4割! お風呂に入らずに疲れをとる方法って?

2018年4月4日 03:28
 

「毎日お風呂に入るのが面倒」派女子はなんと4割! お風呂に入らずに疲れをとる方法って?

お風呂は毎日入りなさい!」と、お母さんに小さな頃、怒られた、懐かしい思い出がよみがえります。大人になった今は、自主的に毎日入るものが当たり前だと思っていたのに、やっぱり大人でも入るのが面倒なときってあるんですよね。そこで今回は、お風呂に入らなくても、疲れをとれる方法について、女性のみなさんにお話を聞いてみました。

Q.毎日お風呂に入るのが面倒だと思っていますか?
・はい……37.5%
・いいえ……62.5%

およそ4割近くの方が、お風呂に入るのが面倒だという答えに。みなさん、どのようにして、お風呂に入らず、疲れをとっているのでしょうか。

■マッサージ
・「マッサージをする」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「家族にマッサージをしてもらう。睡眠をたっぷりとる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「足つぼセルフマッサージ」(28歳/食品・飲料/技術職)

マッサージを重点的にやって、疲れをとるという方は多いようですね。自分でマッサージをする方もいらっしゃれば、家族にしてもらう方など、やり方はさまざまなようです。自分に合ったマッサージ方法を選びたいものですね。

■ストレッチ
・「ストレッチをする」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「ストレッチして、体をほぐす」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ストレッチをする。翌日、すっきり起きられる」(24歳/食品・飲料/専門職)

お風呂に入らないと、やっぱり疲れはちゃんと落としきれないもの。ストレッチをしてやると、疲れた体をほぐす効果があるため、ぐっすり眠ることもできるみたいですね。

■蒸しタオル
・「蒸しタオルで首の後ろを温める」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「蒸しタオルで目元を温める」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「温かいおしぼりで目元を温湿布する」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

デスクワークで疲れているときは、蒸しタオルで体をあたためてあげると、少しは体の疲れがとれてきます。首元や目元などを集中して温めてあげると、翌日にはスッキリ疲れもとれていることでしょう。

■寝ること
・「早く寝ること。寝ることが一番疲れが取れるので」(26歳/情報・IT/営業職)

・「柔らかい毛布にくるまって寝る」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「暖かい布団で寝る」(29歳/食品・飲料/技術職)

お風呂に入らないのなら、とにかく早く寝てしまうこと。暖かい毛布にくるまって、しっかり体を温めてあげて、ぐっすり眠りましょう。湯たんぽがあれば、よりベストかも。

■まとめ
大人になると、きちんとした生活をしなくてはいけないと分かっているけれど、たまには疲れて何もしたくないときもありますよね。そんなときは体の疲れをとってあげて、次の日に備えてさっさと寝てしまうのが一番です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数136件(22歳~34歳の働く女性)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.