ビューティ情報『もうボロボロ……。花粉時期の「鼻まわりの肌トラブル」事情』

もうボロボロ……。花粉時期の「鼻まわりの肌トラブル」事情

2018年3月31日 00:18
 

もうボロボロ……。花粉時期の「鼻まわりの肌トラブル」事情

花粉時期、かんでもかんでも鼻水が出てしまって、ティッシュが手放せない!という人は少なくないはず。そして、鼻のかみすぎで「鼻まわりがボロボロに……」なんてこともありますよね。何とかしたいと思っていても、なかなか改善が難しい鼻まわりの肌荒れの症状。今回は、女性のみなさんに花粉時期の「鼻まわりの肌の症状と、改善するためにしていること」について教えてもらいました。

■鼻の皮がむける
・「鼻をかみすぎて鼻のまわりの皮膚がむける。ワセリンを塗る」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

・「鼻水の塊のように鼻の穴と穴の間の皮膚がめくれかけて白くなる。ワセリンを塗る。また、人に見られるのが嫌なのでマスクをする。保湿効果にもなる」(31歳/情報・IT/技術職)

・「思いっきり鼻が赤くなって皮もむけて大変なことになるので、最近はケチらずにやわらかいティッシュを使用するようにしている」(33歳/その他/クリエイティブ職)

鼻のかみすぎによって、鼻の皮がむけて困っているという人は多く見られました。ワセリンを塗ったり、マスクをして保湿を心がけているようです。また、ティッシュを肌触りがいいものをぜいたくに使用するという人も。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.