ビューティ情報『新しい環境でのドキドキをヨガで解消。緊張をほぐす「腹式呼吸と猫のポーズ」』

2016年4月10日 07:00

新しい環境でのドキドキをヨガで解消。緊張をほぐす「腹式呼吸と猫のポーズ」

新しい環境でのドキドキをヨガで解消。緊張をほぐす「腹式呼吸と猫のポーズ」

4月がスタートして10日が経ちましたね。みなさん、新しい環境にはもう慣れましたか?人事異動やそれにともなう新しい出会いなど、この時期はワクワクすることも多い一方で、気づかないうちに心と体が緊張してしまっているもの。そんなときは、無意識にしている呼吸を意識的にコントロールすれば、たちまちリラックス。心地よい落ち着きがやってきます。第2回目のテーマは“長い息=長生き”の秘訣、「腹式呼吸」と腹式呼吸を活用した「猫のポーズ」で緊張を解きほぐすヨガをレクチャーします!

■ポーズのポイントは息を“吸う”よりも“吐く”こと!
ヨガでは呼吸法を「プラーナヤーマ」と呼びますが、これは“プラーナ(気)”と“アーヤマ(止める)”という意味を合わせた言葉。まるで呼吸が止まっているかのように、ゆったりとした静けさの境地をめざします。呼吸法の効能は、全身にプラーナ(気)を巡らすことで心身を浄化し、生命力をアップ。意識的に横隔膜を動かし、「吸う/吐く」を繰り返すことで自律神経のバランスを整え、感情のコントロールも可能になります。また、腹式呼吸を行いながら骨盤を傾斜させ、背骨をほぐす「猫のポーズ」を行えば、緊張の緩和をさらにあと押ししてくれますよ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.