ビューティ情報『連休明けの心と体を仕事モードに! 集中力を高めるヨガ「ハタ呼吸」とは?』

2016年5月8日 07:00

連休明けの心と体を仕事モードに! 集中力を高めるヨガ「ハタ呼吸」とは?

連休明けの心と体を仕事モードに! 集中力を高めるヨガ「ハタ呼吸」とは?

連休最終日、みなさんいかがお過ごしですか?思い思いの時間を楽しくリラックスして過ごしたからこそ、心と体は完全にお休みモード。明日からの出勤に向けて、そろそろ気持ちを切り替えておきたいところですよね。そんなとき、ヨガウエアに着替える手間もなく、いつでもどこでも実践できる呼吸法は、血流やリンパ、気の流れを促進するほか、自律神経を整え、脳を活性化するなど、心と体のパフォーマンスを上げるたくさんのメリットがあります。そこで連載6回目は、連休明けのぼんやり頭にも効果を発揮してくれる「ハタ呼吸」をご紹介します。

■右鼻と左鼻で呼吸の意味合いが変わる!?「ハタ呼吸」とは?
「ハタ」のハは「太陽(陽)」、タは「月(陰)」を表し、“相反する力を統合、調和する”という意味を持ちます。少々マニアックなヨガ哲学の世界では、右鼻は「太陽の気道(ピンガラー)」で、活力の通り道。左鼻は「月の気道(イダー)」で、落ち着きが通る道と考えられています。そして、左右の鼻から交互に呼吸することで、心と体の興奮と鎮静のバランスを整える目的があります。また、片鼻を交互に指で押さえる動作を伴うために、日ごろから気が散りやすい人でも、無理なく集中が深まりやすい、優れたテクニックのひとつです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.