ビューティ情報『ベッドの上でできるヨガって? 目覚めをすっきりさせる「ワニのポーズ」』

2016年5月22日 07:01

ベッドの上でできるヨガって? 目覚めをすっきりさせる「ワニのポーズ」

ベッドの上でできるヨガって? 目覚めをすっきりさせる「ワニのポーズ」

リンリンと鳴る目覚まし時計をようやく止めたけれど、心地よいお布団から出る決断がつかない……。 そんな朝は、ベッドの上でできる楽ちんなヨガのポーズから一日をスタートしませんか?連載8回目は、寝転んだままでOK!朝のすっきりとした目覚めをサポートしてくれる「ワニのポーズ」をご紹介します。

■デトックス効果のある「ワニのポーズ」とは?
ワニのポーズは腹部をねじり、背骨に刺激を与えることで、血液やエネルギーを全身に巡らせます。また、腹部を圧迫しながら深い呼吸を繰り返すことで、内臓に刺激を加え、体に溜まった毒素を排出するのにも効果的。ベッドの上ではもちろん、このポーズは座ったままでも行えるので、デスクワークの合間に行えば、コリ固まった体を速攻でリフレッシュしてくれますよ。

■「ワニのポーズ」手順
(1)仰向けの姿勢から、両手で右ヒザを胸に引き寄せ、右足付け根の鼠蹊部(そけいぶ)を刺激。

(2)左手で右ヒザを持ち、息を吐きながら、上半身を左に傾けヒザを床につける。

(3)息を吐きながら上半身を右にねじり、右腕を伸ばす。(余裕があれば顔も右側に)。

(4)5~10呼吸程度キープしたら仰向けに戻り、ポーズを解いて余韻を味わう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.