ビューティ情報『母子への影響が心配な妊娠高血圧症候群の原因と症状』

2016年9月9日 16:00

母子への影響が心配な妊娠高血圧症候群の原因と症状

母子への影響が心配な妊娠高血圧症候群の原因と症状

妊娠が分かった時、特に初めての妊娠なら尚更これから始まる世界はキラキラ輝いているものと思っていました。しかし、幸せそうに見える「妊婦」には思いもよらないトラブルがいっぱい!今回ご紹介する「妊娠高血圧症候群」もその一つです。いつ、誰に発症してもおかしくないこの病気、一体ママと赤ちゃんにどのような影響があるのでしょう?

妊娠高血圧症候群とは?
以前は、妊婦さん特有の「高血圧」「タンパク尿」「むくみ」の症状を称して「妊娠中毒症」と呼んでいましたが、2005年4月よりその名称が変更になりました。それが「妊娠高血圧症候群」です。それと同時に定義も見直され、最も危険である「高血圧」に重点を置き「妊娠高血圧症候群」の呼び名になったのです。

「妊娠高血圧症候群」とは、「妊娠20週以降、分娩12週までに高血圧がみられる場合」または「高血圧にタンパク尿を伴う場合」のことをいいます。高血圧とは、収縮期血圧(最高血圧)140㎜Hg以上、または拡張期血圧(最低血圧)90㎜Hg以上のことです。

妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんがどんどん成長するにあたり、血液を通して母体であるママからたくさん栄養を貰う必要があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.