ビューティ情報『食事にも注意すべき? 妊娠高血圧症候群の治療と予防方法』

2016年9月9日 16:00

食事にも注意すべき? 妊娠高血圧症候群の治療と予防方法

食事にも注意すべき? 妊娠高血圧症候群の治療と予防方法

尊い命を授かって、愛おしい我が子に早く会いたい!と願う一方で、妊娠中はトラブルがいっぱい。何の問題もなく、何の心配もなく出産を迎えられる人はごくわずかなのです。そんな中で気を付けなくてはならない疾病の一つが「妊娠高血圧症候群」。重症になると危険なこの病気、どのようにして予防すべきかお伝えします。

妊娠高血圧症候群とは?
妊娠高血圧症候群とは、「妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧が見られる場合」または「高血圧にタンパク尿を伴う場合」をいいます。

※高血圧とは、収縮期血圧(最高血圧)140㎜Hg以上、または拡張期血圧(最低血圧)90㎜Hg以上のこと。

以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていましたが、2005年4月より現在の「妊娠高血圧症候群」に変わり定義も見直されました。

妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんに栄養の基になる血液をたくさん送るために、体内の血液量が非妊娠時に比べ1.3~1.5倍になります。その為、妊娠していないときに比べ、妊娠後期の血圧は誰でも多少は高くなるのが特徴です。しかし、何らかの要因で血圧が極端に高くなってしまうと、さまざまな合併症を引き起こし、母子ともに危険な状況に陥ることがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.