ビューティ情報『ぽっこりお腹にも◎! 女子力を上げる「花輪のポーズ」』

2016年10月16日 07:50

ぽっこりお腹にも◎! 女子力を上げる「花輪のポーズ」

ぽっこりお腹にも◎! 女子力を上げる「花輪のポーズ」

最近、体重が増えてないのにポッコリお腹が気になる……。そんな人には下腹部の深層筋、“骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)”を整えるヨガがオススメです。第19回の今日は、足に巻きつけた腕を花輪にみたてた「花輪のポーズ」をご紹介。このポーズでは、骨盤の底にある筋肉を整えることで、スタイルアップや下腹部の血巡り効果が期待できます。

■ぽっこりお腹に効く「花輪のポーズ」とは?
脂肪がないのに突き出した下腹は「骨盤低筋群」がゆるんでいる合図かも。骨盤底筋群はハンモックの形をした筋肉の集合体で、骨盤の底(自転車に乗ったときにサドルが当たる部分)にあり、内臓が落ちないように支える大切なインナーマッスル。骨盤底筋群は加齢や妊娠出産の影響で衰えやすく、ココがゆるむと内臓は本来あるべき位置よりも下垂し、お腹をぽっこりとしたシルエットに見せてしまいます。また、尿や月経血などのスムーズな排泄にも深いかかわりを持つことから、頻尿や尿漏れを引き起こす原因にも。この花輪のポーズは股関節の柔軟性を高めながらゆるんだ骨盤底筋を整えます。筋肉のしなやかな弾力が回復すれば、姿勢を美しく見せ、各臓器の働きを活性化させるほか、骨盤内の血流の滞りも解消。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.