ビューティ情報『「年子妊娠」は母体に影響があるってホント?』

2016年12月10日 10:00

「年子妊娠」は母体に影響があるってホント?

「年子妊娠」は母体に影響があるってホント?

「ひとり目を産んだばかりで、まだ生理が再開していないのに妊娠が発覚した」という先輩ママも少なからずいるようです。上の子と下の子の年齢が一歳差になる「年子妊娠」は、子どもが一気に育ってくれるというメリットもありますが、まずは健康なママの体と心がともなってからこそ。実際のところ、母体に影響はないものなのでしょうか?そこで今回は、そんな年子妊娠にまつわるウソ&ホントに迫りました!

■本日の「ソボクな疑問」Q.「年子妊娠」は母体に影響があるってホント?
<読者の声>

・年子だとお母さんも出産しやすい体になっていそうな感じがします。(24歳/金融・証券/営業職)
・体が元に戻りきる前の出産は負担が大きいと思う。(25歳/生保・損保/事務系専門職)
・胎盤が弱くなっているから、安産は期待できないと聞いている。(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・すぐに妊娠できる人ってすごいなって思う。どういう人ができやすいのだろう。(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

■尾西先生のアンサーは!?
答えは……
「う~ん」です!

まず、年子妊娠はそうめずらしいことではありません。母乳育児をしている人なら半年~1年、ミルクで育てている人なら2カ月~半年くらいで排卵が戻ると言われており、排卵が戻りさえすれば、2人目の妊娠が可能です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.