ビューティ情報『生まれたての赤ちゃんは毛むくじゃらってホント?』

2017年4月8日 11:00

生まれたての赤ちゃんは毛むくじゃらってホント?

生まれたての赤ちゃんは毛むくじゃらってホント?

赤ちゃんと聞くと、つるつるすべすべの“タマゴ肌”をイメージしがちですが、実際に産まれたての赤ちゃんを見ると、顔や体中が毛むくじゃらで、「こんなに毛深くて大丈夫?」なんて心配するママも少なくないようです。毛むくじゃらになる原因は?そして成長すれば薄くなるの?今回は、そんな赤ちゃんの毛にまつわるウソ&ホントに迫りました!

■本日の「ソボクな疑問」Q.生まれたての赤ちゃんは毛むくじゃらってホント?
<読者の声>

・友達の赤ちゃんはみんな背中まで毛むくじゃらだった。(28歳/医療・福祉/専門職)
・けっこう毛むくじゃらでも、成長とともに薄くなる子がいた。(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・髪がふさふさな子とそうでない子、体毛がふさふさな子とそうでない子、親の遺伝は関係あるのでしょうか?(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・ほぼ毛がないイメージ。(29歳/情報・IT/事務系専門職)

■尾西先生のアンサーは!?
答えは……
「ホント」です!

ただし、どの赤ちゃんも必ず毛むくじゃらというわけではありません。生まれたての赤ちゃんをおおっている毛は「胎毛」と呼ばれ、お母さんのおなかにいる間、皮膚を羊水の刺激から守っていたものです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.