ビューティ情報『精液の量が少ないと妊娠しにくいってホント?』

2017年5月20日 11:00

精液の量が少ないと妊娠しにくいってホント?

精液の量が少ないと妊娠しにくいってホント?

最近は、「男性不妊」なんて言葉もよく聞きますが、子どもを望んでいるカップルにとっては、女性だけでなく、男性の妊娠力も気になるところ。特に、「精液の量」は目に見えてわかるぶん、少ないと妊娠しにくいのでは?と悩んでしまうカップルもいるようです。では実際のところ、精液の量が少ないと妊娠しにくいのでしょうか?今回は、そんな精液の量にまつわるウソ&ホントに迫りました!

■本日の「ソボクな疑問」Q.精液の量が少ないと妊娠しにくいってホント?
<読者の声>

・精液の量より濃度が関係あると思います。(23歳/その他/その他)
・確率的に、少ないと妊娠する可能性が低くなりそう。(24歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・精子の量や元気かどうかは、簡単に調べられるものなのか。(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・精液の量自体よりも、中の精子の数や運動率などが大事な気がする。(33歳/学校・教育関連/技術職)

■尾西先生のアンサーは!?
答えは……
「ホント」です!

精液の量が少ないと、単純に全体の精子数も少なくなると考えられるので、妊娠の確率は下がります。ただし、妊娠には、精液の量だけではなく、いわゆる“質”=精液の濃度や精子の元気度なども大きく影響してきます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.