ビューティ情報『アロエは危険!? 正しい日焼け後のケアを皮膚科医が解説』

2017年7月26日 10:01

アロエは危険!? 正しい日焼け後のケアを皮膚科医が解説

日焼けをしたあとは、どのようなケアをすればよいのでしょうか。直後にできるケアと、時間が経ってしまったあとに最適なケアについて、三輪先生に教えていただきました。

◇日焼けした直後にすべきケア

三輪:日焼けは初期対応やアフターケアで、その後の症状が異なります。日焼けをした直後は「サンバーン」に対してケアをします。肌がヒリヒリしたり、かゆくなったりするのが「サンバーン」の症状です。まず、冷水や冷たいタオル、保冷剤などで肌を優しく冷やしてください。肌が敏感になっているため、ゴシゴシと強く擦ったり、熱いシャワーを浴びたりするのはやめましょう。

◇日焼けして時間が経ったときのケア

三輪:日焼けしてから時間が経っている場合は、「サンタン」に対してケアをします。「サンバーン」の状態が落ち着き、皮膚の火照りがある程度取れたあとは、刺激の少ないアルコールフリーのローションや日焼け後専用のローションで、しっかり保湿をしましょう。

日焼けによって水分が奪われた状態の肌は、乾燥するとかゆくなります。かゆい場合は、ローションのあとに、ワセリンなどの油分を含んだクリームを塗って保湿してください。皮膚が剥がれ始めた場合は、無理に剥がさずに、自然に剥がれるのを待ちましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.