ビューティ情報『チークは入れ方次第で美人度UP! 顔型別・小顔に見せるテクニック』

チークは入れ方次第で美人度UP! 顔型別・小顔に見せるテクニック

2017年10月30日 19:30
 

チークは入れ方次第で美人度UP! 顔型別・小顔に見せるテクニック

メイクの完成度を高める上で、欠かすことのできないチーク。小顔に見せたり印象を変えられるうえに、グッと美人度がUPする優秀アイテムです。でも、チークの正しい入れ方って、理解していますか?今回は、正しい使い方から小顔に見せるテクニックまで、カラーアナリストで美容研究家の西田美穂さんに詳しく解説していただきました。

■意外と知らない!正しいチークの入れ方

普段、何となく使っていて、意外と知らないのが正しいチークの入れ方。そこでチークの種類と特徴、それぞれのタイプ別に正しいチークの入れ方について紹介します。

◇パウダーチーク

☆質感の特徴

ふんわりと色づく、ソフトな質感です。パールなしのものはマットに仕上がり、パールありのものは輝きとツヤを与えます。

☆合う肌質

どちらかというと、脂性肌の方と相性がいい傾向にあります。パウダリーファンデーションなどでさらっとしたベースを作ったあとに、パウダー状のチークは入れやすく映えます。

☆使い方

チークブラシを使用します。ブラシの両面にたっぷりと取って、ティッシュの上でブラシを往復させ量を調整します。手の甲で、チークを薄く色づく程度まで落とすくらいがちょうどいいです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.