ビューティ情報『ハイランジの効果とやり方【ヨガの基本】』

2020年1月8日 07:10

ハイランジの効果とやり方【ヨガの基本】

◇ポーズの手順

ハイランジのやり方1


1.四つん這いの姿勢から、手で床を押し、お尻を高く持ち上げる「ダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)」の姿勢で準備。

ハイランジのやり方2


2.右足を両手の間に踏み出す。同時に、左のかかとを蹴り出し、上半身を伸ばした「ローランジ」の姿勢に。

ハイランジのやり方3


3.骨盤は正面に向けた状態で、両足で床を踏みしめながら上半身を起こす。

ハイランジのやり方4


4.両手を上に伸ばす。そのままの姿勢で、3~5呼吸キープ。再び1のダウンドッグに戻り、足を入れ替えたら反対側も同様に行う。

◇ポーズのコツ

後ろの足の膝を伸ばし、ゆるまないようまっすぐに保つことを意識しましょう。上半身を起こしたら尾骨(尾てい骨)を床のほうへ下げ、骨盤が床に対して垂直になるよう立てると姿勢が整います。

また、足のグラつきを防ぐためには、両足ともに親指の付け根(母指球)を床に押しつけるように体重を乗せ、内もも(内転筋)を働かせることがポイントです。

■ハイランジがうまくできない人の対処法

前に曲げた足、特に膝が痛む場合など、心地良く姿勢を整えられない人のために、無理のないポーズの取り方を解説していきます。

◇後ろの足がしっかり伸びていないのはNG

ハイランジNG例


後ろの足の蹴り出しが弱く、膝がゆるみ、足がまっすぐに伸びていないと、前足に重心が乗り、姿勢のバランスが崩れます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.