ビューティ情報『ハイランジの効果とやり方【ヨガの基本】』

2020年1月8日 07:10

ハイランジの効果とやり方【ヨガの基本】

その結果、膝に過度な負荷がかかり痛める原因にも。

◇まずは「ローランジ」で下半身の安定を作る

ローランジ


「ハイランジ」を行う手順2に出てくる姿勢は、「ローランジ」と呼ばれる、ひとつの独立したヨガのポーズです。後ろに引いた足の裏で、壁を蹴るようなイメージ。膝がゆるまないようにしっかりと伸ばし、かかとから頭の先まで一直線に保ちます。

このように下半身の安定を作ってから、上半身を起こす動作に移りましょう。

◇体の中心軸を引き上げるように骨盤を立てる

ハイランジOK例


足を前後に大きく開いたら、両足の間に上半身が来るように、尾骨を下げて骨盤を床と垂直に立てると◎。

そのために、両足の母指球で床を踏みしめる動作に合わせ、体の中心軸を引き上げるようなイメージで背筋を伸ばしましょう。より下半身の安定感が増していきます。

■安定感が深い呼吸を生む「ハイランジ」

得られる安定感によって、上半身の余分な力みが抜け、呼吸が一段と深まります。

足幅の間隔によっても、体への負荷が変わります。始めのうちは、やや狭い幅からスタートをしていき、後ろ足の蹴り出し方、中心軸を引き上げる感覚など、動作のコツをつかむことを優先しましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.