ビューティ情報『ラクダのポーズの効果とやり方【ヨガの基本】』

2020年1月25日 07:10

ラクダのポーズの効果とやり方【ヨガの基本】

全身を後ろに反らせて胸や肩周りをほぐす「ラクダのポーズ」は、膝立ちの姿勢で行うため、重力も加わり、深い後屈が体験できます。

とはいえ、首や腰に対して負荷がかかるので、決して無理はせず、心地の良い範囲でポーズを行いたいもの。

体の個性に合わせたバリエーションから、安全なプロセスを経ていきましょう。

今回はラクダのポーズの効果とやり方、うまくできないときの対処法をお伝えします。

ラクダのポーズ


■ラクダのポーズとは?

体を後ろに反らせ、胸を天井に突き出した上半身のシルエットが、ラクダのこぶに見えることから「ラクダのポーズ(ウシュトラ・アーサナ)」と呼ばれるようになったポーズです。

胸や肩まわりが開き、ダイナミックな爽快感が得られるのが醍醐味。そのため大切になるのが、上半身を支える安定した土台の感覚。骨盤の角度や鼠蹊部、太ももの前側など、体の前面の使い方を意識するのがコツになります。

実は、完成ポーズで足のつま先(足の甲)を床につける、つけないという選択によっても、体感が大きく変わるため、繊細な調整感覚を求められるポーズです。

◇ポーズの効果

ポーズの効果は以下の通り。

☆猫背解消

猫背解消の目的や、美しい姿勢作りに最適です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.