ビューティ情報『「泣きたいけど泣けない」場面の対処法』

2020年3月27日 12:10

「泣きたいけど泣けない」場面の対処法

忙しく過ごす日々の中で、ふとした瞬間に泣きそうになることはありませんか?意図に反して泣きそうになると焦りますし、突然泣いてしまうと周りの人も困惑させてしまいますよね。泣かずに済むには、どうすればいいのでしょうか。

今回は泣きたい気持ちになりやすい人の特徴から、泣きたい気持ちになった場合の対処法までご紹介します。

■泣きたい気持ちが生まれやすい人の特徴

泣きたい気持ちになることは、そんなに珍しいことではありません。ただ、そのような気持ちが生まれやすい人はいます。

それは、どんな人なのか。特徴は4つです。

◇1.感受性が豊か

「泣きたいけど泣けない」場面の対処法


刺激に対して影響を受けやすく、何事にもすぐに感情移入してしまう。過去の悲しかった出来事を思い出すだけでも泣きたい気持ちになる。そんな感受性が豊かな人は、泣きたい気持ちになりやすいといえます。

◇2.共感力が高い

「泣きたいけど泣けない」場面の対処法


共感する力が高い人は、人の感情を想像して同じように感じることができます。

共感は人間に本能的に備わっているものですが、その力が高すぎると自他の境界が弱くなってしまいます。そうなると、他人に起きた出来事に感情が振り回されて、泣きたい気持ちも生じやすくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.