ビューティ情報『化粧品売り場に立てない今、できること。美容部員ひなさんの場合』

2020年5月10日 17:10

化粧品売り場に立てない今、できること。美容部員ひなさんの場合

取材・文:ひらりさ、編集:高橋千里/マイナビウーマン編集部

同人サークル「劇団雌猫」所属の美容オタクライターひらりささんが、いま気になるTwitterコスメ垢の実態を探る連載「コスメ垢の履歴書」。

今回は、デパートの美容部員として働きながら、Twitterで美容にまつわる情報を発信しているひなさん(@hinano0213_)にインタビューしました。

https://twitter.com/hinano0213_/status/1258589958866006016

■きっかけは「理想の女の子」像への憧れ

――現役美容部員であることをTwitterで明かしているひなさん。アカウントを開設したきっかけは何だったのでしょうか?

アカウントを開設したのは2016年です。今は22歳なので、18歳の頃ですね。実は高校を卒業するのと同時に家出をしまして……学生向けの寮で暮らしながら予備校に通って受験勉強をしていました。

友達がいなくて、誰か話し相手が欲しくて、今のアカウントを作りました。最初は美容アカウントというわけでもなかったんですが、次第に……という感じです。

――コスメやメイクはいつからお好きなんですか?

それは小さい頃からです!コスメのテスターを見るのが楽しみで母の買い物に付いて行ってました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.