ビューティ情報『「もう疲れた」と感じた時にやってはいけないこと』

2020年5月27日 19:10

「もう疲れた」と感じた時にやってはいけないこと

「もう疲れた」と感じた時にやってはいけないこと


自分の部屋で一人になった時、ため息と共に「もう疲れた」という言葉が思わず口をついて出てきた……。

きっと、つらい気持ちを我慢しながら必死に頑張ってきたのでしょう。

全て投げ出すことができたらどんなに楽だろうかと思っても、それはできない。こんな時、一体どうすればいいのでしょうか?

その対処法についてお伝えしましょう。

■「もう疲れた」と感じる原因

疲れたと感じるのは、休まずに頑張り続けてきたからです。

「自分の責任を果たそう」「なんとかして問題を解決しよう」と思って必死に頑張ってきたのに、なかなかうまくいかない。

こういう状態が長く続くと、ある日突然、「これ以上は無理かも……」と思ってしまう時がやってきます。「もう疲れた」という気分になるのはそんな時です。

ただし、頑張り続ければ必ずそうなるわけではありません。

頑張り続けている中で、ある状況に陥った時に「もう疲れた」と感じてしまうのです。それこそが、「もう疲れた」と感じる本当の原因です。

では、一体それはどのような状況なのでしょうか?

主なものとして次の4つが挙げられます。

◇(1)思うようにうまくいっていない

「もう疲れた」と感じた時にやってはいけないこと


例えばあなたが何かのプロジェクトリーダーだったり、店長として店舗運営を任せられていたりするとします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.