ビューティ情報『「もう疲れた」と感じた時にやってはいけないこと』

2020年5月27日 19:10

「もう疲れた」と感じた時にやってはいけないこと

と感じるのは精神的に相当参っている状態ですので、心のリハビリも必要です。

以下に、「もう疲れた」という気分になった時の対処法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

◇(1)睡眠をとる

「もう疲れた」と感じた時にやってはいけないこと


「もう疲れた」と感じるのは、脳からの「休め」のサインです。脳を休めるために、しっかり睡眠をとりましょう。

ただし、浅い眠りではしっかり休んだことにはなりません。

毎日、深く眠るためには、就寝前の2時間の過ごし方が肝心です。

食事は就寝の2時間前まで。飲酒も同じく2時間前までが理想です。就寝する直前の飲食は、内臓の働きを活発にして眠りが浅くなってしまうからです。

そして、寝る前の2時間はスマホやテレビを見るのは控えた方がいいでしょう。目が光の刺激を受けると自律神経が高ぶってしまって眠りが浅くなります。

寝る前の2時間はゆっくりお風呂に入ったり、軽くストレッチ運動をしたり、読書をしたりと、のんびり過ごすことがおすすめ。アロマオイルの香りでリラックスするのも効果的です。

◇(2)お風呂に入る

「もう疲れた」と感じた時にやってはいけないこと


スムーズに深く眠るためには体を温めることが有効です。入浴方法を工夫すると、良質な睡眠がとれるようになります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.