ビューティ情報『知ってる? 「ご冥福をお祈りします」と言ってはいけない場面』

2020年10月27日 07:10

知ってる? 「ご冥福をお祈りします」と言ってはいけない場面

令和という新しい時代を迎えて2年。このところ、各界において昭和や平成の日本に欠かせない存在だった方々の訃報が続いています。

訃報に接する時、私たちがよく耳にする「ご冥福をお祈りします」という言葉があります。

今回はこの言葉の意味と正しい使い方を考えてみましょう。

知ってる? 「ご冥福をお祈りします」と言ってはいけない場面


■「ご冥福をお祈りします」の意味とは?

社会人となり交友関係が広がってくると、仏教以外の宗教の葬儀に参列する機会も増えてくるように思います。

どの宗教、どの宗派であっても、現世での一生を終えた人を送る葬儀は荘厳で重要な儀式です。

葬儀では生前の故人に思いをはせ、故人を悼み、故人が死後の世界で安らかであるよう祈りを捧げます。

その目的や意義は同じであっても、宗教によって葬儀や死後の世界の捉え方、表現は少し異なります。

ここではまず、「ご冥福をお祈りします」の言葉の意味を解説していきます。

◇「冥福」とは「死後の幸福」のこと

知ってる? 「ご冥福をお祈りします」と言ってはいけない場面


まずは、「ご冥福をお祈りします」に使われている「冥」という漢字の意味から見てみましょう。



(1)くらい。おおわれて光がないさま。

(2)死者の世界。あの世。

(『漢字源 第四版』学研プラス)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.