ビューティ情報『“子宮頸がんの原因”って知ってる? 20代女性に意識を調査』

2021年12月2日 17:10

“子宮頸がんの原因”って知ってる? 20代女性に意識を調査

現代女性の健康問題解決を目的に、医療コンサルティングや女性医療に関するプログラムや事業を企業とともに開発するファムメディコは、子宮頸がんに対する国外や世代間での比較データの発表と、子宮頸がんにまつわる20代女性の意識と実態の調査結果を公開しました。

“子宮頸がんの原因”って知ってる? 20代女性に意識を調査


子宮頸がんは子宮の出口(子宮頚部)にできるがんで、特に20~30代の罹患者が増加しており、出産を迎える時期と重なることから「マザーキラー」と呼ばれています。

国内では、毎年約1万人の女性が子宮頸がんにかかり、約3,000人が亡くなり、また2000年以後、罹患者数も死亡率も増加しています。一生のうち、およそ73人に1人が子宮頸がんと診断されています(※1)。

さらに、20代で子宮頸がんと診断された女性の人数を1994年と2014年で比較すると、1994年は10万人あたり24.9人でしたが、2014年は54.3人と、2倍以上に増加しています(※2)。

“子宮頸がんの原因”って知ってる? 20代女性に意識を調査


そして現在、子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を防ぐHPVワクチンに、再び注目が集まっています。

日本ではHPVワクチンの接種推奨が2013年に中断されて以来、世界各国と比べて接種率が低い状況が続いており、2019年の国内でのHPVワクチン接種率は1%未満となっています(※3)。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.