ビューティ情報『食品のウワサ話。「牛乳は体に悪い」はウソ? ホント?』

2019年5月28日 05:00

食品のウワサ話。「牛乳は体に悪い」はウソ? ホント?

目次

・牛乳を飲むと骨折しやすくなる?
・牛乳はアトピーや花粉症の原因になる?
・高温殺菌牛乳は体に悪い?
・牛乳は和食に合わないので 学校給食にはいらない?
食品のウワサ話。「牛乳は体に悪い」はウソ? ホント?
「牛乳を飲むと骨折しやすくなる」という話…。牛乳をめぐっては、これまでもネガティブな話がいろいろ語られてきました。本当のところどうなのでしょうか。

牛乳を飲むと骨折しやすくなる?

食品のウワサ話。「牛乳は体に悪い」はウソ? ホント?

週刊誌やネット記事にあがってくる、牛乳のネガティブな話題。その中のひとつに、骨を丈夫にすると言われてきた牛乳が、逆に「骨折しやすくなる原因になる」というものがありました。この主張は、牛乳消費の多い米国や北欧3国で骨折が多い、という調査結果からきたものです。これらの国は、確かに他国と比べて骨折が多い傾向にありますが、他の要因として身長(身長が高いほど骨折リスクが高くなる)、日照時間(少ないほどカルシウム体内吸収量が減少)、食生活(肉類の過剰摂取)などがあげられます。これらの要因を取り除いて牛乳だけの影響を調べると、牛乳を多く飲むから骨折リスクが高まる、という結果にはなりません。
一方、「カルシウムの摂取不足は骨折の危険因子である」という研究が国内外で数多く報告されています。また、継続して十分なカルシウム摂取をすることは、骨粗しょう症の予防にも重要とされています。牛乳はカルシウムを多く含むことを考えると、牛乳を飲むと骨折しやすくなるとは言えません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.