ビューティ情報『平均睡眠3時間でも、肌年齢22歳!? 日比野佐和子医師のアンチエイジング美習慣』

2019年5月27日 19:00

平均睡眠3時間でも、肌年齢22歳!? 日比野佐和子医師のアンチエイジング美習慣

目次

・食生活を見直そう!
・効率よく栄養がとれる水耕野菜や機能性食材を選ぶ
・ホットヨーグルトで腸活
・毎日のストレッチで代謝アップ!
平均睡眠3時間でも、肌年齢22歳!? 日比野佐和子医師のアンチエイジング美習慣
テレビや雑誌で話題の『眼トレ』提唱者で、アンチエイジングのスペシャリストでもあるRサイエンスクリニック広尾院長の日比野佐和子先生。なんと肌年齢が22歳!その若さの秘訣を伺ってきました。

食生活を見直そう!

アンチエイジングドクターとして最先端の医療に携わっている日比野先生。それだけに、特別な治療や薬を取り入れているのでは?と話を伺うと、じつは多忙を極め、睡眠は平均3時間しかとれないことも多く、自分自身のケアをする時間はあまりないのだとか。
「それだけに、ふだんの食事や睡眠、運動などが重要です。特に食事は体を作る上で重要視しています。つい先日、『朝食と睡眠だったら、どちらをとりますか?』と聞かれたんですが、昔は朝食を食べずに、出掛けるギリギリまで寝ているタイプだったんですね。しかも、昼も忙しくて食べる時間はなく、夜だけ一日一食の生活だったんです。
平均睡眠3時間でも、肌年齢22歳!? 日比野佐和子医師のアンチエイジング美習慣

効率よく栄養がとれる水耕野菜や機能性食材を選ぶ

「それから、野菜を1日350g以上はとるようにしています。ハマっているのは、土を使わないので病原菌などの心配がいらない水耕野菜です。あめ玉レタスとかルビーレタスなど和歌山県産の水耕野菜にハマっています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.