ビューティ情報『ダイエットをしてもお腹がやせない4大原因とは?』

2019年5月17日 13:30

ダイエットをしてもお腹がやせない4大原因とは?

目次

・原因1:正しい姿勢を維持できていない
・原因2:高いヒールの靴を常用している
・原因3:食事制限だけで脂肪を減らそうとしている
・原因4:運動をする体の準備ができていない
ダイエットをしてもお腹がやせない4大原因とは?
これまでたくさんのダイエット法を試してきたけれど、なかなか減らない憎きお腹の脂肪。それは、もしかしたらダイエットのやり方が間違っているのかも!?お腹が凹まない原因と、確実にお腹を引き締めるためのポイントを、パーソナルトレーナーの桑崎寛先生に教えていただきました。

原因1:正しい姿勢を維持できていない

脂肪は、ふだん使われていないところにたまる性質があります。
「腕は荷物をつかんだり、脚は歩いたりと日常生活でも自然と使われています。一方で、お腹は姿勢維持に使われますが、常に正しい姿勢を意識し続けるのは難しいこと。結局、日常的に使われていないから、お腹に脂肪がたまりやすいのです」(桑崎寛先生)

原因2:高いヒールの靴を常用している

おしゃれのために、ヒールの高い靴は欠かせない、という人も多いはず。じつはこれも、ぽっこりお腹の原因のひとつ。
「ハイヒールをはく女性は前傾姿勢になりやすく、歩くときに脚が上がりにくいので、脚と下腹部をつなぐ筋肉があまり使えていません。下腹にお肉がつきやすいのはこのため。ただ、逆に考えれば、よく使いさえすればその部位の脂肪は燃えやすくなります」

原因3:食事制限だけで脂肪を減らそうとしている

体重・体脂肪がともに多いぽっちゃり型の人、お腹だけむちむちしている隠れ肥満型の人は、筋肉量が少ないため、食事制限だけに頼ったダイエットではリバウンドの可能性が大。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.