ビューティ情報『「午後ティー」がカフェインゼロに。味は変わる?「デカフェ」ってなに?』

2018年8月23日 18:00

「午後ティー」がカフェインゼロに。味は変わる?「デカフェ」ってなに?

目次

・デカフェってノンカフェインと同じ?
・いつもの「午後の紅茶」とデカフェの「午後の紅茶」を比べてみた
・カフェインって1日にどれくらいとっていいの?
・カフェインの見た目と味
「午後ティー」がカフェインゼロに。味は変わる?「デカフェ」ってなに?
コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェイン。眠気覚ましや気分のリフレッシュに役立てて、とり入れている人も多いのでは。ですが、昨年2017年には、厚生労働省や農林水産省、消費者庁などからカフェインの過剰摂取に対して注意を呼びかける声が上がっています。そこで、今注目を集めているのが、「デカフェ」。一体デカフェって何もの!? という疑問を、キリン飲料技術研究所の辻さや香さんに教えていただきました。

デカフェってノンカフェインと同じ?

最近よく耳にするようになった「デカフェ」。でも、一体デカフェって何のことやら…。
「デカフェって知っていますか? “デカいカフェ”じゃないんですよ!」とキリンの辻さや香さん。
お話を聞くと、デカフェとは、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインをとり除いて控えめにしたもののこと。
これまたよく聞く「ノンカフェイン」とのちがいは、もともとカフェインを含んでいるかいないか。ノンカフェインは、麦茶や、ハーブティ、そば茶など元からカフェインが含まれない飲みものが該当するといいます。
飲みものからカフェインの成分だけをとり除けるなんてすごい!と思わず現代の技術に感心してしまうのですが、カフェインを抜くことで飲みものの味が変わってしまうことはないのでしょうか。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.