ビューティ情報『正しく食べれば代謝もアップ!レンジで簡単「即ベジパック」』

正しく食べれば代謝もアップ!レンジで簡単「即ベジパック」

2018年8月28日 12:00
 

目次

・緑黄色野菜と淡色野菜どちらもとりたい
・やせない野菜の食べ方
・野菜150gをいつでも手軽に食べれる“即ベジパック”のつくり方
正しく食べれば代謝もアップ!レンジで簡単「即ベジパック」
野菜を食べて代謝をアップさせるためには、食べ方が重要。そこで、やせ効率を上げる野菜の選び方と食べ方のテクニックを管理栄養士・フードコーディネーターの大越郷子先生に教えていただきました。

緑黄色野菜と淡色野菜どちらもとりたい

にんじんときゅうりの細切りがカップに入っている

「野菜に含まれるビタミンやミネラルは、食事からとった糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに換えたり、筋肉や血液などをつくり出すときに働く栄養素。そのため、代謝を上げるためにも野菜は欠かせません」(大越先生)
野菜は低カロリーで栄養がとれる食材と認識しがちですが、代謝アップにも必要なのです。そしてみなさんもご存知の通り、野菜は色の濃い緑黄色野菜と、色の薄い淡色野菜の2つに分類されます。緑黄色野菜は、ブロッコリーやにんじんなど、黄色っぽい色素成分β-カロテンが600μg以上含まれ、鮮やかな色が特徴。トマトやピーマンなど、600μg以下でも食べる頻度が多い場合は緑黄色野菜に分類。ビタミンC、Eも多く、活性酸素から体を守ったり、悪玉コレステロール減少に働きます。
淡色野菜は美肌に必要なビタミンCや、むくみを防ぐカリウムが豊富。生食できるものが多く、野菜量の底上げに貢献。キャベツ、きゅうり、大根など比較的薄い野菜が多いのが特徴です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.