ビューティ情報『筋肉のためのアミノ酸「BCAA」をとるタイミングは、トレーニングの前or後?』

2018年9月12日 18:00

筋肉のためのアミノ酸「BCAA」をとるタイミングは、トレーニングの前or後?

目次

・じつは知らない、“アミノ酸”の役わり
・4種類の「プランク」を極める! 実践トレーニング
筋肉のためのアミノ酸「BCAA」をとるタイミングは、トレーニングの前or後?
ボディメイクに必要なのは、ただトレーニングすることだけではありません。筋肉をつけるために必要な栄養素や成分などにも注目することで、より理想の体に効率よく近づくことができます。そこで、第45回ボディメイク部では、コンディショニングトレーナーの桑原弘樹先生に、「アミノ酸」の役わりについて教えていただきました。

じつは知らない、“アミノ酸”の役わり

ホワイトボードの前で話すコンディショニングトレーナーの桑原弘樹先生

そもそも、アミノ酸とはなにか? 「やさしい言いかたをすれば“体の材料”です」と桑原先生。
ですが、必ずしも体の材料にあてはまらないアミノ酸もあるのだとか。
例えば『カルニチン』は、脂肪の運搬を助けてくれるアミノ酸。体の材料には当てはまりません。
「体をつくっているアミノ酸は全部で20種類、それ以外の体の材料でないアミノ酸は500種類程度あると言われています。体をつくっているアミノ酸のうち、9種類は自分の体でつくることができず、外からとりいれる必要がある“必須アミノ酸”。
体でつくることができないということは、つまり栄養素の意味をもつということ。摂取することをやめたら、生きていけなくなるものが栄養素。たんぱく質や糖質などの栄養素も、基本的に体でつくることができません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.