ビューティ情報『長湯は禁物! 疲労回復のベストタイムは「1日10分」の入浴法』

2018年9月13日 22:00

長湯は禁物! 疲労回復のベストタイムは「1日10分」の入浴法

それどころか、やせにくくなることもあるのです。

自分に合うか合わないかの見極めをしっかりと

泡風呂を楽しんでいる女性

入浴で疲れがたまり過ぎると、自律神経のバランスを崩して、不眠になることもあります。
ムリな食事制限で栄養不足になっている人は免疫力も落ちているため半身浴で風邪をひいてしまうことも…。
また、「絶対に半身浴をしなくてはいけない」、「絶対に1時間以上はお風呂に入らなければならない」と必死になることで、ストレスをため込んでしまう人もたくさんいます。
ストレスがダイエットの大敵であることは、みなさんよーくわかっていますよね。
もちろん、入浴にはメリットがたくさんあります。
体を清潔に保つことはもちろんですが、体を芯から温めることで血行を促進する、疲れを取る、気分をリラックスさせる…など、ダイエットにも美容にもよいとは限りません。私自身の経験から、また、たくさんの人をカウンセリングした経験から言えることですが、栄養不足で体力がない人やひどい冷え性の人には、これらの入浴方は合わないのです。
食事も運動も同じですが、人にはそれぞれ「合うもの」と「合わないもの」があります。
いろいろな入浴法を試すのは悪いことではありませんが、自分に合うか合わないかをきちんと見極めましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.