ビューティ情報『長湯は禁物! 疲労回復のベストタイムは「1日10分」の入浴法』

2018年9月13日 22:00

長湯は禁物! 疲労回復のベストタイムは「1日10分」の入浴法

入浴はストレスなく自然なものに

花びらの入ったお風呂に入っている女性の後ろ姿

息切れや呼吸の乱れはないか、心臓がどきどきして苦しくないか、気分よく、リラックスできているかなどをちゃんとチェックすれば、その方法が自分に合うか合わないかはわかるはずです。
その日の気分によって入浴法を変えることも大切です。
いつもは半身浴をするという人も「今日はちゃんと肩まで浸かりたい」と思う日があれば、そうすればいい。
私自身は、反復浴も半身浴も合わないため、普通に入浴。基本的にお湯に浸かるのは10分程度です。
でも、気分がいい日には少し長く浸かることもあるし、逆に、暑い日などはザブッと浸かってサッと出ることも。
こんなふうに、できるだけ、自分の気分や体調に合わせて入浴法も変えるのが理想的です。
入浴は生活行動のひとつ。だから「こうでなくてはいけない」と決めごとをつくるのではなく、自然なのがいちばんです。
もちろん、お風呂が大好きで、半身浴や反復浴を楽しんでいるなら、それはそれでOK
入浴も自分流にアレンジして、ダイエットや美容に役立てましょう。
また、ボディラインを整えるためには、ストレスなく続けられるお風呂でのマッサージなどもおすすめです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.