ビューティ情報『乳酸菌が約3億個!? 最強の発酵食品“水キムチ”の驚くべきパワー』

2018年9月12日 18:00

乳酸菌が約3億個!? 最強の発酵食品“水キムチ”の驚くべきパワー

目次

・なぜ発酵食品を摂取するの?
・水キムチの驚くべきパワー
乳酸菌が約3億個!? 最強の発酵食品“水キムチ”の驚くべきパワー
私たち日本人の食卓にはかかせない“発酵食品”。納豆や味噌など種類はさまざまですが、なんとなく“体にいい”というイメージを持っている人も多いようです。そこで今回は、発酵食品がもたらす健康効果について紹介していきましょう。

なぜ発酵食品を摂取するの?

お腹の画像

7月31日に放送された「この差って何ですか?」(TBS系)では、“発酵食品の菌”が持つさまざまな健康効果に注目。まずは体の中にある“菌”について、詳しく紹介されました。
さまざまな“菌”について教えてくれるのは、お茶の水健康長寿クリニックの白澤卓二先生。そもそも人間の腸には約500種類以上の“菌”が100兆個もいて、その重量は2kgにも及びます。有名なものだと体に有害な毒素をつくり出す“悪玉菌”と、腸内にいい影響を与える“善玉菌”。悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、最悪の場合には大腸がんなどの重大な病気につながることがあります。
“悪玉菌”が発生しやすいのは、加工食品や添加物が多い食生活。他にも徹夜などの無理をすると腸内細胞の状態がガラリと変化します。そのため“発酵食品”に含まれる善玉菌を摂取して、腸内の環境をよくするのが重要。しかし発酵食品は種類が豊富なので、“何を食べればいいのか”が難しいところ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.