ビューティ情報『秋に悩む人が急増!若見え肌の大敵「シミ・くすみ」はなぜ起きる?』

2018年9月15日 12:00

秋に悩む人が急増!若見え肌の大敵「シミ・くすみ」はなぜ起きる?

目次

・どうしてシミができるの?
・肌が暗く見える…秋に目立つ「くすみ」は4種類
・秋に目立つ「シミ・くすみ」のQ&A
秋に悩む人が急増!若見え肌の大敵「シミ・くすみ」はなぜ起きる?
いつまでも若々しくいるために、できればできてほしくないのが「シミ」や「くすみ」。突然現れるシミ・くすみを見て、まさか自分の肌にできるとは…と、ショックな気持ちになる人も多いはず。女性を悩ませるシミ・くすみは何故できてしまうのでしょうか。そのメカニズムを美容皮膚科タカミクリニック 山屋雅美先生に教えていただきました。

どうしてシミができるの?

シミができるメカニズムのイラスト

肌が紫外線や摩擦などによる刺激を受けると、角化細胞から「メラニン生成」を指令する情報伝達物質がでます。この指令を受けて、メラノサイトの中で、メラニンが生成され、角化細胞へと送られます。
このメラニンは代謝によって排出されますが、排出しきれなかったものがシミとなってでてきてしまうのです。
また、シミは代表的な2種類にわけられます。
ひとつは「日光性色素斑(老人性色素斑)」。
シミのある箇所とない箇所の境界がはっきりした、褐色、または黒っぽいシミ。米粒大から数センチのものまで大きさはさまざまです。紫外線が原因で、主に中年以降、早い人で20代からできるシミです。
そしてもうひとつが、「肝斑」。
「日光性色素斑(老人性色素斑)」と比べて、境界がぼやけていてハッキリせず、頬や鼻まわりに左右対称で地図のような形ででるのが特徴的。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.