ビューティ情報『美人女医が秋から始めてる「乾燥させない入浴&スキンケア法」』

美人女医が秋から始めてる「乾燥させない入浴&スキンケア法」

2018年9月17日 07:00
 

目次

・一枚羽織るものがほしくなったら、保湿ケアに力を入れて
・乾燥させない入浴法&洗顔法
・セラミドが豊富なこんにゃくやしらたきの鍋
美人女医が秋から始めてる「乾燥させない入浴&スキンケア法」
湿気の多かった夏から秋に変わると、突然始まるお肌の乾燥...。肌の不調と季節の変わり目はリンクしていることが多いけれど、乾燥となると、いち早く手を打たないと冬までずーっと悩まなければなりません。そんななか、女医が日々実践している保湿ケアを紹介。入浴、スキンケア、食事...どれもほんの+αでできる簡単なことばかりです。

一枚羽織るものがほしくなったら、保湿ケアに力を入れて

上着を羽織る女性

産婦人科医の丸田佳奈です。
秋になり、気温や湿度の変化と共にお肌の調子も変わってきました。
秋は乾燥しやすい時期です。夏になる前と変わらないように感じますが、乾燥しやすい原因は気温と湿度に関係があります。春に比べて湿度が低いので乾燥した空気により肌の水分が奪われてしまいます。また、夏に受けた紫外線や暴飲暴食、冷房による肌へのダメージも加わって、肌の乾燥をより悪化させるのです。
乾燥の影響は肌に限った事で無く、喉などにも影響を与え、風邪をひきやすくなったりアレルギーが悪化しやすくなります。
実際に夏から秋にかけて肌の変化や不調を感じる人は少なくありません。特にスキンケアや生活習慣を大きく変えたわけではないのに、肌の調子が毎年悪くなるのはこのせいです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.