ビューティ情報『[パクチー]栄養&効能のヒミツと、料理別使い分け』

2018年9月19日 07:00

[パクチー]栄養&効能のヒミツと、料理別使い分け

目次

・栄養素
・旬・産地
・トリビア
・選び方
・保存方法・期間
・切り方のコツ
[パクチー]栄養&効能のヒミツと、料理別使い分け
地中海沿岸原産の香味野菜。シャンツァイ、コリアンダーなどとも呼ばれ、独特の強い香りが特徴です。好き嫌いは分かれますが、中国、タイ、ベトナム、中東、メキシコなど、スパイスの効いた料理には欠かせない存在。生の葉や茎だけでなく、じつは根も食用として使うことができるほか、種子もスパイスとして利用されます。

栄養素

ビタミンA
ビタミンB2
ビタミンC
カリウム
鉄など
栄養素のポイント リナロール、ゲラニオール、ボルネオールといった精油成分が含まれており、胃腸の働きを助けるなど、 健康を保つ効果が期待されています。
抗酸化作用を持つビタミンCや鉄、カルシウムなどが含まれています。

旬・産地

通年出回っていますが、旬の時期は3~6月。スパイスとして使われる種子は5~7月に収穫されます。家庭でもプランターや水耕栽培で手軽に育てられます。

トリビア

古代ギリシャでは、種子は“薬”だった!
甘くオレンジに似た香りがする種子は、古くから薬効が知られており、古代ギリシャでは医薬として用いられていたそうです。炭水化物と合わせると効果が高まるとされ、パンやケーキに入れて焼かれていたとか。

選び方

フレッシュなパクチーの見分け方
フレッシュなパクチーの見分け方

フレッシュなパクチーの見分け方

葉の色が鮮やかでみずみずしいものを選びましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.